駐日ベトナム大使館からのお知らせ

越日間短期往来規定について

 

 

相互主義に基づき、ベトナムと日本は、短期往来規定(いわゆる「14日以内のベトナム滞在期間を希望する日本からの渡航者に対する優先往来制度及び日本への入国を希望するベトナム人のビジネストラック」)を2020年11日01日から導入することで一致しました。

同規定により、投資、貿易、高技能労働者、外交、公務等といった優先活動を実施する目的で短期滞在を希望する者が相手国に入国する際、集中隔離を要請しないことは認められます。

駐日ベトナム大使館は下記の通り、14日以内のベトナム滞在期間を希望する日本からの渡航者に対する優先往来規制の概略をご紹介します(下記の内容はあくまでもご参考までで、渡航者は正式な関連文書の案内に従って手続きを進める必要がある)。

I.対象者:投資家、専門家、企業幹部、外交及び公用目的でベトナム入国を希望する日本からの日本国籍者及び第三国の外国人並びにそのご家族の方々等

II.手順:

1.ベトナム入国前の手続き

 

-         

省レベルの人民委員会からの承認申請:  ベトナム側の招へい企業・組織は省レベル人民委員会に渡航者のベトナム滞在中の行動計画、宿泊場所、移動手段、送迎方法等を提出した上、承認を申請する。

-         

入国許可(許可番号)の取得: 省レベルの人民委員会から承認状の取得後、ベトナム公安省出入国管理局に査証発給許可を申請する。(20201002日付発行された公安省の3374/BCA-QLXNC公文に添付し、公布されたガイダンスに従う)

+ ベトナム側の招へい企業・組織は次の資料の提出: (i) 招へい企業・組織の設立に関する許可証・決定書の認証済みの写し; (ii) 代表者の印鑑・署名を紹介する文書(ベトナム公安省通達第04/2015/TT-BCA号に添付し、公布されたNA16フォーム).

+ 提出先: ベトナム公安省出入国管理局

(住所: 44-46 Trn Phú, Ba Đình, Hà Ni、若しくは 333-335-337 Nguyn Trãi, Qun 1, thành ph H Chí Minh)

+ 受理期間: 規定に準じた書類の提出後、03日間の営業日

-         

ベトナム公安省出入国管理局から査証発許可証の取得後、在日本ベトナム在外公館で査証(ビザ)を申請する。現在、査証免除協定による査証免除対象者、APECビジネストラベルカード、ベトナムのテンポラリーレジデンスカードの保持者を含む外国人すべては査証を取得する必要がある。

-         

その他必要な書類

・国際医療保険加入証明書、若しくは、ベトナム側の招へい企業・組織は渡航者に対するベトナムで新型コロナウイルス感染症にかかった場合の治療費の全額負担の誓約書

2.飛行機チケットの購入及び飛行機への搭乗

-         

チケット購入の際、次の書類を提出:

・有効期限が6ヵ月以上のパスポート

・ベトナム入国査証

-         

飛行機搭乗の際:上記の書類及び規定に沿った新型コロナウイルス感染症の陰性証明書の提示(入国の3~5日間前まで取得が必要)

*注意:ベトナム入国後のPCR検査は結果が出るまで12日かかる場合があるため、仕事に支障がないように行動計画を作成する必要がある。

3.イミグレーションでの手続き

 

-         

新型コロナウイルス感染症の陰性証明書の提示

-         

電子医療申告、体温チェック。感染の疑いや疑わしい症状等がみられる場合、直ちに医療隔離を受けて頂く。

-         

ベトナムの感染者追跡アプリ(ブルーゾーン)をインストールする。

-         

ベトナム側の招へい企業・組織がプライベート車を用い、渡航者を迎える(公共交通機関を使用しない)

4.宿泊場所での手続き

-         

事前に登録した宿泊場所に到着後、RT- PCR検査を受ける。

-         

陰性が出たら、仕事に当たることが認められる。

-         

滞在期間中、2日間に1回のPCR検査を受ける。

-         

事前に申請した宿泊場所と行動計画を厳守し、公共交通機関を使用しない

(2020年8月31日付の公文4674/BYT-MTに添付し、公布された短期商用目的で入国する外国人(14日間以下)に対する COVD-19対策の医療ガイダンスに従う)

5.ベトナム出国前

-         

ベトナム出国の1日前に最終のPCR検査を受ける。

 

入国日から14日間後、入国者は滞在を続ける希望を有する場合、PCR検査結果が陰性かつ在留期限がまだ有効なら、隔離は不要で、通常通りに業務に当たることができる。

* 外交及び公用目的の入国者について:

- 上記の手続きと同様(査証に関する手続き以外)

- 次官レベル以上のVIPに関しては、下記の通り、緩和する:

+ 新型コロナウイルス感染の陰性証明書の提示は不要

+ ブルーゾーンのインストールは不要

+ 入国後のPCR検査等は不要

          + 出国前のPCR検査等は不要

 

 

ヴー・ホン・ナム

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数7040082