2021年12月16日付、ベトナム保健省は公文書10688/BYT-MTを発行し、入国者に対する新型コロナウイルス感染防止ガイドライを通知した。  

主な内容は下記の通りである。

 1.入国者に対する新型コロナウイルス感染防止における一般条件

・入国前にSARS-CoV-2の査結果が陰性である(2歳未満の子供を除く)。

入国前の医療申告:ベトナムに入国する際は、医療申告書(PC-COVIDアプリ)を設定し、ベトナムの規制に従って医療申告と健康状態の監視を行う必要があります(外交・公用目的で入国する場合は、強制ではないがお勧めする)。

・入国者はベトナム人、もしくはその親族(配偶者、子供を含む)かつワクチン接種を受けていない、または十分な量のCOVID-19ワクチンを接種していないの場合、隔離期間中にワクチン接種が無料で行われます(条件を満たす場合)。

・ハイレベル指導者の招待により入国する代表訪問団の場合:代表団を受入れる計画に従う。

・2021年2月8日付けの決議第16 / NQ -CPの規定に従い、Covid-19の流行の予防と管理における検査費用、隔離、医療検査と治療、およびその他の関連費用(ある場合)を支払う

 2. 個別対象者に対する感染防止条件

 2.1. ワクチンの全量を接種した、またはCOVID-19から回復した入国者

 ・入国日から最初の3日間:入国者は、滞在場所(住宅、ホテル、モーテル、リゾート、代表的なミッションの本部、寮などを含む)のゲストハウスで自分の健康状態を自己監視する。宿泊施設を離れたり周りの人と接触したりしてはいけない。

 ・入国日から3日目にRT-PCR方式でSARS-CoV-2検査を受ける。検査結果が陰性の場合、入国日から14日間の終わりまで健康状態を監視し続ける。試験結果が陽性の場合は、規則に従って取り扱われます。

 2.2。ワクチン接種を受けていない、または十分な量のCOVID-19ワクチンを接種していない入国者

 ・入国日から居住地での07日間の隔離を受け、3日目と7日目にRT-PCRでSARS-CoV-2検査を受ける。検査結果が陰性の場合、入国日から14日間の終わりまで健康状態を監視し続ける。試験結果が陽性の場合は、規則に従って取り扱われます。

 ・18歳未満で入国する者(以下、子供と呼ぶ)、65歳以上の人(以下、高齢者と呼ぶ)、妊婦、基礎疾患のある者(医療での監視と治療を受けない者):父/母/介護者(以下、介護者と呼ぶ)と一緒に隔離できる。介護者は、COVID-19ワクチンの全量を接種した、若しくはCOVID-19から回復した者であり、感染リスクを理解した上で一緒に隔離する希望を述べ、隔離規定の遵守に関する誓約書に署名する必要がある。入国者と同様に、COVID-19感染の予防に係る検査等規制に厳密に準拠する必要がある。

 3.その他の感染対策と管理の要件

入国者は入国の国境ゲートから居住地に移動する過程、また隔離期間において、5Kの規制を厳守する必要がある

現在(2021年12月末まで)、ベトナムのCOVID-19ワクチン接種率は高い水準に達している(18歳以上の1回接種の割合は96.4%、COVID-19に対するワクチン接種率は96.4%、2回接種を完了した比率は76.5%)。

首相の指示によると、2021年12月31日までに、基本的に18歳以上の人々への接種を100%完了し、同時に子供たちの予防接種スケジュールをスピードアップするという。

 

ヴー・ホン・ナム

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数8214609