ファム・ミン・チン首相は日本への公式訪問を無事に終え、

両国の関係を新たな高みに推進した。

二国間関係がこれまでで最も発展している段階にあるという背景で行われたファム・ミン・チン首相の日本への公式訪問は、重要なマイルストーンを伴う戦略的かつ包括的な結果を達成し、ベトナムと日本の広範な戦略的パートナーシップの今後さらなる目覚ましい発展を見せている。両国の各省庁、地方自治体、企業は、数百億ドル相当のプロジェクトに関する協力協定を含む、さまざまな分野で50を超える協力文書と協定に署名し交換しました。今回の訪問は、地域と世界におけるベトナムの地位と名声を改めて確認できたという。

 

 

ファム・ミン・チン首相の訪日は今回が初めてであり、岸田政権にとっても発足以来、初の外国人ゲストでもある。

ベトナムのハイレベル代表団に加わったのは、ファン・ヴァン・ジャング国防大臣、ブイ・タイン・ソン外務大臣、トラン・ヴァン・ソン大臣、政府庁長官; レー・ミン・チー最高人民検察院院長、ファム・ティ・タイン・チャー内務大臣、グエン・チ・ズン計画投資大臣、グエンホンディエン商工大臣、レ・ミン・ホアン農業農村開発大臣、チャン・ホン・ハー 天然資源環境大臣、グエン・タイン・ロン保健大臣、各省庁、支部、省、市の指導者、および日本におけるベトナム特命全権大使ヴー・ホン・ナムであった。

チン首相は、50近くの活動が予定されている日本への公式訪問中に、岸田文雄首相と会談しました。参議院議長、衆議院議長、政府の大臣、元総理大臣、共産党の指導者、与党連合の公明党、日本の地方自治体の指導者など、日本の多くの主要な指導者に会った。また、大学、大規模な経済組織のリーダー、および主要な日本企業とも面会を設けた。両国の地域間の協力会議と日ベトナム投資促進会議に出席した他駐日ベトナム大使館を訪れ、在日ベトナム人コミュニティと懇談した。

 

 

 

 ファム・ミン・チン首相の訪問は、両国間の協力関係を高め、促進し、あらゆる分野での戦略的パートナーシップに値する、より実質的かつ効果的なものにすることに貢献しました。

 

 (Chinhphu.vn)

ヴー・ホン・ナム

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数8214609