新着情報

駐日ベトナム大使館とジェトロが共催で「CPTPP活用セミナー」を開催

11月22日、駐日ベトナム大使館とジェトロが共催で「CPTPP活用セミナー」を開催した。セミナーにはヴー・ホン・ナム駐日ベトナム大使、チャン・クオック・カインベトナム商工副大臣、ジェトロ佐藤百合副理事長、そして梅本和義日本政府首席交渉官が出席した。 「ベトナム事業におけるCPTPP活用のメリットとは?」をテーマにした今回のセミナーには日本企業から約350人が参加した。 冒頭の挨拶でヴー・ホン・ナム大使はこれまで11もの参加国で合意に成功したCPTPPの交渉過程におけるベトナムと日本の努力に触れた。     2019年からCPTPPが発効するにあたり、ナム大使は同協定がベトナムと日本をはじめ、メンバー国全てに大きな投資と貿易のチャンスを提供すると考えていると語った。

ヴー・ホン・ナム大使:日越友好議員連盟二階会長と面談

10月25日、自民党幹事長・日越友好議員連盟二階会長がヴー・ホン・ナム大使を自民党本部で迎えた。日本国会および日越友好議員連盟を代表し、二階会長は駐日ベトナム大使として新たな任務に就いたことを心から歓迎した。両国首脳間には最も高い政治的な信頼関係が築かれ、両国民の互いに対する温かい気持ちによって、日本とベトナムの関係は良好に発展している。この政府、国民間の関係を今後とも維持し、さらに深まるよう議員連盟と大使館とで協力していくことを確信した。ナム大使はこれまで二国関係、特に国会と国民同士の交流、相互理解の促進に尽くしてくれた二階会長をはじめ、日越議員連盟の貢献に高い関心を示し、評価した。今後とも、より具体的な目標を設定し、両国関係の発展に努めていきたいと約束した。

ヴー・ホン・ナム新任大使が秋葉外務事務次官と面会

10月23日、ヴー・ホン・ナム新任大使が秋葉外務事務次官と面会した。日本政府と国民を代表し、秋葉事務次官はナム大使の着任を心から歓迎し、両国関係が急速かつ広範的な発展を遂げていることを評価した。秋葉事務次官は今後ともナム大使と協力し合い、二国関係を後押しする一方で、外務省側も積極的に在京大使館の活動をサポートしていくことを約束した。 ナム大使はベトナムと日本の関係がこのような良い関係の中で駐日大使として任命されたことを大変光栄に思い、またこれからどのような形で両国関係を促進していくか同時に重責も感じていると明かした。 また、この機にナム大使は自らが一日も早く大使としての任務を果たすことができるよう、迅速に対応してくれた日本外務省に感謝した。 ナム大使はすでに10月22日から外務省岩間儀典局長に信任状の写しを送った。  

グェン・クオック・クオン大使 退任

2018年10月11日、グェン・クオック・クオン大使及び夫人の任期満了にあたり、天皇皇后両陛下が昼食会にご招待した。昼食会において、天皇皇后両陛下は、チャン・ダイ・クアン元ベトナム国家主席が亡くなられたことに心を痛めて、遺族にお悔やみの言葉を述べた。 天皇皇后両陛下にとって、昨年2月のベトナム訪問が退位前の最後の海外ご訪問となり、ベトナムという国と国民について大変印象深い訪問であったと振り返った。また、天皇陛下は訪問の際に受けた温かい歓迎や御もてなしに改めて、グェン・フー・チョン書記長をはじめ、グェン・スァン・フク首相、グェン・テイ・キム・ガン国会議長、そしてベトナム国民にお礼を述べた。

故ベトナム社会主義共和国チャン・ダイ・クアン国家主席の追悼式

この度、故ベトナム社会主義共和国チャン・ダイ・クアン国家主席の追悼式に際しまして、御多忙中にもかかわらず、日本政府、国会、政党、地方自治体、そして数多くの団体、在日公館、企業、友好協会、在日ベトナムコミュニテイ及び学生等、一般の日本人の皆さまからご丁重なるご芳志、弔電を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。2018年9月26から27日の2日間の間、約160もの団体、個人がベトナム大使館を訪れ、弔問、記帳を寄せてくださいました。 日本政府、国会を代表し、大島衆議院議長、赤松副議長をはじめ、古谷衆議院運営委員長、富岡衆議院文部科学委員長、中曽根ASEAN議員交流推進議員連盟会長、上川法務大臣、中根外務副大臣及びその他多くの関連省庁の代表の方々。 また、政党から山口公明党代表、志位和夫共産党委員長、岸田文雄自民政調会長、片山自民政務調査会長代理、増子国民民主党幹事長代行等。

訃報

                                                                                                                    東京、2018年9月23日   ベトナム社会主義共和国チャン・ダイ・クアン国家主席は2018年9月21日逝去いたしました。 国家追悼は2018年9月26日及び27日の2日間に行われます。ここに、故人のご冥福をお祈りし、駐日ベトナム大使館より下記のとおり記帳を行いますので、謹んでお知らせ申し上げます。

告示:ベトナムの独立記念日

告示 ベトナムの独立記念日にあたり、 2018年8月31日(金曜日)の16時からと2018年9月03日(月曜日)閉館させていただきます

日本とベトナムの外交関係樹立45周年を記念する活動の一環として、ベトナム国立交響楽団の日本公演が行われた

20日夜、東京・港区サントリーホールで、日本とベトナムの外交関係樹立45周年を記念する活動の一環として、ベトナム国立交響楽団の日本公演が行われた。天皇、皇后両陛下をはじめ、グェン・クオック・クオン駐日ベトナム大使が鑑賞された。    両国国歌が流れた後、ベトナム国立交響楽団による世界の有名な曲およびベトナム国立交響楽団の代表的な曲が演奏された。 チョン・バン交響詩「幸せを私たちに運んでくれた人」のメロデイが東京のホール内に響いた。この曲はチョン・バンがホーチーミン氏に対するベトナム国民の愛情を表現した曲である。交響曲でありながら、易しく聴きやすいもので多くの日本の観客から大きな拍手が送られた。 ベトナムの音楽が再び日本人に迎えられる瞬間だった。今回の演奏には日本の有名な指揮者本名徹次氏が指揮した。 駐日クオン大使は「これこそ両国の良好な関係を印象づけるものだ」と感動した。

ベトナム政府、西日本豪雨で10万ドル寄付

西日本各地を襲った歴史的な豪雨の災害を受けて、ベトナム外務省は19日、在ハノイ日本大使館を通じて、被災地域の復興及び被災者支援のために10万ドルの義援金を日本側へ寄付した。梅田 邦夫在ベトナム日本大使はベトナム政府の温かい気持ちと支援に感謝を申し上げた。 7月8日、グェン・スァン・フク首相より安倍首相にお見舞いの言葉が送られ、また、ファム・ビン・ミン副首相兼外務大臣も河野太郎大臣へメッセージを送った。 西日本を中心に、7月6日から豪雨に襲われた地域では河川の氾濫や洪水、土砂災害などの被害が発生した。今回の豪雨は1982年の長崎大水害以降で最も多く死者を出した災害であり、すでに死者・行方不明者が200人超え、また、多くの家屋が土砂に押し潰され、家屋被害が2万6千棟のも上ることが明らかにされている。

Pages

ヴー・ホン・ナム

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数1580619