1.ベトナムへ日本の直接投資FDIと企業進出現状

現在、日本はベトナムの海外FDI 投資家ながで一番重要の戦略的なパートナーとなっています。日本企業はベトナムに進出している投資案件は高い効率なプロジェックトで、日経企業がベトナム法律にしっかりしたがって、国内の仕事を増やしながら、ベトナム経済成長に積極的に貢献しています。

数年間にわたり、日経企業進出事業が増えながら、毎年ベトナムの1番か2番目のFDI投資家です。ベトナムに進出企業は効率に運営して、かなり高いレベルのテクノロジを運用していることを評価しています。特に日系企業に働くのベトナム人のメンナーは勤勉、高い責任、想像力整備されているようになっています。

25年間で累計の日本からFDI投資金額は376.5億米ドルで、投資案件数は2.638件となっています(ベトナムFDIの全投資金額の14.6%とFDIの投資案件数の14.3%となります)。2015年現在、日本はベトナムの第2FDI投資家です。

日本のベトナム投資分野と業種別としてはほとんど集中的に製造業、ものづくりの事業が圧倒的に数が多くて(製造業の投資案件1353投資案件と投資金額313億米ドル、日本から全投資金額の83%を占めています)日系企業はベトナム工業化そして裾野産業成長に重要な役割を果たしています。

2.今後日本から投資誘致政策について

今後ベトナム工業戦略に貢献するために、日本からベトナムへFDIの投資誘致政策はまず優先的201371日付ベトナム首相が承認された“日本の協力でベトナム工業化戦略”に定まれている6産業:電子、電気;食品加工;造船;環境、省エネルギー技術;農機;車と部品。

特に、ベトナムの裾野産業育成に積極的に貢献している日本の中小企業が優先的に投資誘致政策を実施して、日本全国の各地方に製造業のものづくり企業と農業、食品加工、海産養殖、加工企業などの投資を促進します。

日本のインフラ輸出政策を活用して、ベトナムのインフラ整備の投資案件、特に官民連携PPP形式投資案件を優先的に促進しています。その他、日本から投資案件が教育、医療センター、工業団地インフラ開発もゆちしています。

グエン・クオック・クオン

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数494229