2016年10月24日に、川勝平太知事の御招待を受け、グエン・クオック・クオン駐日本ベトナム大使は、歴史的価値、美しい自然、日本茶最大産地として知られている静岡県を訪問しました。

 会談で、川勝知事は、静岡県が日本の縮図と言われるくらい、バランス性ある経済構成を持ち、様々な分野において、特に強みの農業、裾野産業(自動車・バイク部品産業)、医療、ビューティーと健康保全、観光にベトナムとの協力を推進して行きたいと言いました。人材育成分野で、知事は、静岡県として、より沢山のベトナム留学生を迎え、静岡県とベトナムの大学間協力強化への期待を強調しました。グエン・クオック・クオン大使は、今後の静岡県との協力の潜在力を強調し、強化に賛同し、川勝知事のベトナム訪問を謹んで御招待しました。静岡県知事は、招待を喜んで承りました。

今後の協力推進の取り組みについて、クオン大使も鈴木洋祐県議会議長と薮田宏行副議長と会談しました。鈴木議長は、県、ビジネス界及び県民がベトナムと交流協力を強化することを最大限で支持し、常に便宜を図る旨を述べました。

その前に、グエン・クオック・クオン大使は、静岡県の経済団体、ビジネス界と銀行の代表と対話しました。クオン大使は、ベトナム日本関係、ベトナム経済、特にベトナム国際統合プロセスの要点を話しました。参加者は、現在、約63社の県内企業がベトナムに進出し、ベトナムが、県内企業の最も選ばれている選択先として台頭しており、沢山の進出企業がベトナムで投資ビジネス拡大を検討していると話しました。

 

訪問中、袋井市で、グエン・クオック・クオン大使は、浅羽佐喜太郎医師の御墓に参り、その医師による20世紀初めのドンズ運動(東遊運動)への支援を感謝するために、ファン・ボイ・チャウ様による建立した浅羽医師記念碑へ花束贈呈をしました。クオン大使は、原田市長、浅羽家子孫と親しく交流し、浅羽ベトナム協会の安間会長より協会会員と袋井市民の長年のベトナムへの慈善支援活動の報告を受けました。大使は、袋井市のベトナム留学生が、ファン・ボイ・チャウ精神を発揮し、勉強を努力し、ベトナム日本友好親善に培うように指示しました。

 

グエン・クオック・クオン

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数643233