2018年10月11日、グェン・クオック・クオン大使及び夫人の任期満了にあたり、天皇皇后両陛下が昼食会にご招待した。昼食会において、天皇皇后両陛下は、チャン・ダイ・クアン元ベトナム国家主席が亡くなられたことに心を痛めて、遺族にお悔やみの言葉を述べた。

天皇皇后両陛下にとって、昨年2月のベトナム訪問が退位前の最後の海外ご訪問となり、ベトナムという国と国民について大変印象深い訪問であったと振り返った。また、天皇陛下は訪問の際に受けた温かい歓迎や御もてなしに改めて、グェン・フー・チョン書記長をはじめ、グェン・スァン・フク首相、グェン・テイ・キム・ガン国会議長、そしてベトナム国民にお礼を述べた。天皇陛下はクオン大使の任期について、色々な分野における両国の友好関係の更なる発展、特に日本の47都道府県全てを訪れ、地方及び国民の相互理解と交流を促進に寄与したことを高く評価し、今後、帰国しても引き続き両国の関係の益々の発展に貢献していくことを期待している。クオン大使はベトナムとベトナム国民に対する天皇皇后両陛下の温かい気持と御言葉、そして自らに対する特別な御もてなしに感謝を申し上げ、天皇皇后両陛下のご健康をお祈り、また、ベトナムで両陛下をお迎えできることを心よりお待ちしていると述べた。

また、クオン大使は大島衆議院議長、伊達参議院議長、日越友好議員連盟二階会長、河野外務大臣、そしてその他ベトナムにゆかりのある自治体、政治経済団体、在京外交団、友人らにも退任の挨拶をした。

グエン・クオック・クオン

駐日ベトナム大使

ページビューの合計数1533864